Outletshoesセールス担当いーさんです。

アウトレットシューズの靴を使ったおすすめコーディネートをご提案していきます。


 

 

突然ですが、ご自分の足のサイズをご存知ですか?

 

普段、靴を買うとき、複数サイズを試着する人も多いと思いますが、

まず最初に手に取る「私が思う私のサイズ」があると思います。

 

私の場合は24.5㎝。

いつもそのサイズでぴったりだから。

たまに合わないときもあるけど、

それはたまたま靴との相性が悪かったから。

私の場合は、そう思って

靴を選んできました。

 

 

 

 

 

 

足のサイズはどう決まる?

 

足のサイズは、足長と足囲をもとに、JIS規格で表すことができます。

きちんと数値で出して、調べるものなのですね。

(サイズ表はこのブログの最後に掲載しています)

 

私は、welleg(ウェレッグ)に入って初めて(少なくとも大人になってからは初めて)きちんと足のサイズを測る機会がありました。

お客様に見ていただく「試着感想」のためにスタッフは全員、シューフィッターが足を計測することになっているためです。

 

24.5cm 幅広め だと思っていた私の足は、

24.0cm 幅やや狭め だということが発覚しました。

 

微妙な誤差~(笑)

と思いきや、この0.5cmがなかなか侮れなかったんです。

 

 

 

 

 

 

24.5㎝の靴を履いて、ひどく靴擦れしたことがありました。

 

足首にストラップがあるタイプの靴でした。

通常、ストラップで固定されてフィット感が増すどころか、ストラップが擦れたかかとが痛くて痛くてたまりませんでした。

翌日はかかとが絆創膏まみれ(泣)

 

でも。

「私の足に合わない靴」と思っていた靴は、計測後、24㎝を履いてみたら

ぴったりでした。

「私の足に合わない靴」じゃなくて「私の足にあわないサイズ」だったんですね。

 

大きくて、靴から足が抜けそうになる

ストラップで留まる

 

この繰り返しでストラップ部分が足に何度も擦れた結果だったのです。

 

 

実際のサイズと1.5㎝差も⁉

 

新しくスタッフの仲間入りをしたRさんも、

同じように足のサイズを測ってピッタリサイズを知ったひとりでした。

彼女は、思っていたサイズと実際のサイズの差が1.5㎝もあって本当に驚いたそう!

 

その話を聞いて、

私いーさん、Rさんにインタビューしてまいりました。

 

 

いーさん

もともと考えていた自分のサイズは何センチだったのですか?

 

Rさん

23㎝です。

入社する前にwellegで開催された

パンプスフェスで、シューフィッターに足のサイズを測ってもらえるイベントがあって、そこで初めてプロの方に足のサイズを測っていただきました。

実際測ったら、21.5㎝って言われて、

「え!21.5?!ちっちゃ!」って(笑)

自分が思っていたサイズよりはるかに小さくてすごく驚いたのを覚えています。

 

いーさん

結構な違いですよね。

どうして、23㎝だと思っていたのでしょう?

 

Rさん

23㎝だと思っていた理由は、

もしかしたら、子どものころ母に

「靴を履いた時つま先にゆとりがないと

(ピッタリすぎるサイズだと)足が痛くなってしまうから」と

言われたせいもあるかもしれません。

そこから足長よりかなり大きいサイズを

”ピッタリサイズ”だと思い込んでいたんだと思います。

その時は、スニーカーで捨て寸が20㎜くらいある状態がピッタリという認識でした。

wellegに入社するまでは、

ほとんどスニーカーばかり履いていて、スニーカーだと靴紐で調節できるので特に歩きにくさなどを感じることもなく、自分のサイズを疑うこともありませんでした(笑)

 

いーさん

大きすぎるとか、履き心地に違和感を感じたことは特になかったのですね。

 

Rさん

今思うと、大きすぎるやろ!って

感じですが、当時はそれがピッタリだと思っていたので、特に歩きにくさなどは感じていませんでした。

歩いた時のカパカパ音?(明らかに大きいやろそれ…って思う音です笑)はあったかもしれませんが、それも普通だと思っていたので気になりませんでした。

 

 

 

 

 

 

いーさん

パンプスとかサンダルのときはどうですか?

 

Rさん

パンプスを履きたいという憧れはずっとあって、パンプスも23㎝のものを試着したりしていました。

当然大きすぎるので、いつも踵が脱げて履けず…。小さいサイズも試してみるんですが、

お店においてあるサイズは大抵22.5㎝~という場合が多いので、ピッタリに出会えたことがありませんでした。

なので、私の中で

「私に合うパンプスはない。パンプスは履けない」と思い込み、ずっと諦めていました。

 

いーさん

なるほど…たしかに。21.5㎝を試着できる

機会自体が、あまりないですよね。

実際に21.5㎝を履いてみたら、

どうでしたか?

 

Rさん

正しいサイズだととても楽に歩けました。

初めて本当の”ピッタリサイズ”の感覚がわかりました!

今までは実際のサイズより大きいものを履いていたので、歩くとき無意識のうちに足に変な力が入ってしまっていたんだということに気が付きました。

あと、個人的には「パンプスが履けた!♡」という喜びがありました。特にヒールがあるものは、正しいサイズを選ぶようになってから、足が痛くなったり靴擦れしたりすることもなくなりましたね。

 

いーさん

パンプスも履けるようになって、おしゃれの幅が広がったんですね。

 

Rさん

正しい足のサイズを知ることで、自分が履ける靴のレパートリーが増えたので、靴選びも楽しくなったし、靴をメインにしたおしゃれも楽しめるようになりました!

あと、買ったものの歩きにくくて結局履かなくなって捨てる…という失敗がなくなったのも嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

いーさん

それはいいですね。靴の選び方もかわりましたか?

 

Rさん

変わりました!正しいサイズを知る前は、なんとなくでサイズを選んだり、サイズがなくてもデザインを重視して買ったりしていましたが、きちんとサイズを測ってみて、自分の足に合うサイズを選ぶことの大切さをとても感じたので、今では、靴を買うときはサイズ重視です!

正しいサイズを選ぶことで足への負担も減らすことができるし、靴擦れなどもしなくなるので足をキレイに保つことができるようになりました。

 

いーさん

痛みや歩きにくさを我慢せず、楽に履けることがなによりですね。

お話を聞かせていただき、ありがとうございました!

 

正しいサイズを知るには

 

 

 

シューフィッターのいるお店で測ってもらうのが一番ですが、wellegでは自分で計測する方法もご紹介しています。

 

 

■計測前にこちらをチェック!

 

正しいサイズの測り方はこちら

 

 

手軽に測れるキット

 

フットメジャー 計測キット ¥899

 

 

 

お洋服ではこなれ感を出すためにオーバーサイズをゆるっと着るのがトレンドだったりしますが、靴はぴったりサイズが一番。

皆様もぜひ一度、自分のサイズを測ってみてくださいね。

 

 

 

■サイズ表

 

 

 
  • おトク情報配信
  • 正しいサイズの測り方
  • あしがキレイになる!?スタッフブログ
  •  
 

営業日カレンダー

SHOPPING FLOW
ショッピングフロー

当店のお買い物の流れをご案内します。